青森県で視力回復
青森県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
北海道で視力回復
北海道で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
岩手県で視力回復
岩手県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
宮城県で視力回復
宮城県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
秋田県で視力回復
秋田県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
山形県で視力回復
山形県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
福島県で視力回復
福島県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
東京都で視力回復
東京都で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
神奈川県で視力回復
神奈川県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
埼玉県で視力回復
埼玉県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
千葉県で視力回復
千葉県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
茨城県で視力回復
茨城県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
栃木県で視力回復
栃木県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
山梨県で視力回復
山梨県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
新潟県で視力回復
新潟県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
長野県で視力回復
長野県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
富山県で視力回復
富山県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
石川県で視力回復
石川県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
福井県で視力回復
福井県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
愛知県で視力回復
愛知県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
岐阜県で視力回復
岐阜県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
静岡県で視力回復
静岡県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
三重県で視力回復
三重県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
大阪府で視力回復
大阪府で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
兵庫県で視力回復
兵庫県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
京都府で視力回復
京都府で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
滋賀県で視力回復
滋賀県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
奈良県で視力回復
奈良県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
和歌山県で視力回復
和歌山県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
島根県で視力回復
島根県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
鳥取県で視力回復
鳥取県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
岡山県で視力回復
岡山県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
山口県で視力回復
山口県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
広島県で視力回復
広島県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
徳島県で視力回復
徳島県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
香川県で視力回復
香川県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
愛媛県で視力回復
愛媛県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
高知県で視力回復
高知県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
福岡県で視力回復
福岡県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
佐賀県で視力回復
佐賀県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
長崎県で視力回復
長崎県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
熊本県で視力回復
熊本県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
大分県で視力回復
大分県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
宮崎県で視力回復
宮崎県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
鹿児島県で視力回復
鹿児島県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
沖縄県で視力回復
沖縄県で視力回復治療やトレーニングを実施している眼科/病院/クリニック/トレーニングセンター/治療院の情報です
※下記は2006/03/08時点の情報です。

エピレーシック(epi-LASIK)

crossblue エピレーシック【epi-LASIK】概要

エピレーシック(Epi-LASIK)の手術方法はレーシックと似ていますが、フラップを作成するのがエピケラトームという器具になります。角膜上皮のみの薄いフラップを作るので、レーシックより回復力が高く、激しいスポーツをする人に適しています。エピレーシックは作成するフラップが薄い分、残せる角膜の厚みが大きいので、角膜が薄い人、強度の近視の人にも適用できる可能性が高くなります。フラップは薄いのですが、LASEK(ラセック)のようにアルコールを使用しないので、それに関る将来的な不安を抱えることもありません。

crossred エピレーシック【epi-LASIK】手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. 角膜にマーキングをして、エピケラトームという機器でより薄いフラップを作成する。
  3. フラップをめくり上げ、エキシマレーザーを照射し、角膜の形を変える。
  4. 洗浄、消毒後マーキングした位置にフラップを戻す。
kerojoy エピレーシック【epi-LASIK】のメリット(利点)
  • 角膜の薄い人・強度の近視の人等も受けることが出来る可能性が高い。
  • LASEKと同様に薄いフラップを作成するが、作成自体機械に頼るのでLASEK程高い技術を必要としない。
  • アルコールによる目への悪影響のリスクがない。
  • 角膜上皮部分のフラップなので、再生スピードも早く、激しい運動をする人にも向いている。
keroflow エピレーシック【epi-LASIK】のデメリット(問題点)
  • レーシックより痛みがあり、術後はどちらかというとLASEKやPRKと似ている。
  • 実施眼科がまだわずか。
  • 術後の管理がレーシックに比べて煩雑。
  • 歴史が浅いので長期的なリスクの情報がない。
※下記は2006/03/08時点の情報です。

フェイキックIOL(永久コンタクトレンズ)【Phakic IOL】

crossblue フェイキックIOL(永久コンタクトレンズ)【Phakic IOL】概要

フェイキックIOLはいわゆるレーザーを使った近視矯正手術ではありません。有水晶体眼内レンズを手術により挿入し、視力を矯正する術法です。エキシマレーザーを使い角膜を切除する方法が使えない角膜が薄い人もこの方法ならば、可能なことが多いです。また、更によい点はもし何らかの問題が発生したならば、このレンズを除去することも出来、またもとの状態に戻すことができます。

crossred フェイキックIOL(永久コンタクトレンズ)【Phakic IOL】手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. レーザーを使って虹彩に穴を開ける。(眼圧上昇防止)
  3. 術後の眼圧上昇を防ぐため、事前にレーザーで虹彩に穴を開けます。
  4. 麻酔をして、白目部分を切開、レンズ挿入。
  5. レンズを固定後、切開部の縫合。終了。
kerojoy フェイキックIOL(永久コンタクトレンズ)【Phakic IOL】のメリット(利点)
  • レーシックをはじめ他の近視回復手術が不可だった人でも可能な場合が多い。
  • 他の視力回復手術の術後にで起こりがちなハロ・グレア現象がない。LI>
  • コンタクトレンズといえども、手入れをする必要がない。
keroflow フェイキックIOL(永久コンタクトレンズ)【Phakic IOL】のデメリット(問題点)
  • 新しい技術なので長期的なリスクについての情報が未だない。
  • レーシックほど手軽な感じはしない。(両目同時は不可)
  • 視力安定に時間がかかる。
※下記は2006/03/08時点の情報です。

LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)

crossblue LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)【Laser epithelial Keratomileusis】概要

LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)は、レーシックよりも新しい、最新の視力回復手術で、さらにフラップを薄く作成します。 このことにより、角膜の薄い人や近視の度数が強い人にも適応することが可能です。LASEKはごく薄い角膜上皮フラップを作成するときに、アルコールによって角膜表面をふやかすため、より高度な技量を持った医師が求められるでしょう。LASEKはフラップ自体の回復力が高いので、激しいスポーツをする人や格闘家に向いている手術ともいえます。

crossred LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. 角膜をマーキングし、アルコールでふやかして剥離しやすいようにする。
  3. 角膜上皮をめくり、角膜層にエキシマレーザーを照射。
  4. 消毒後、マーキングを頼りにフラップを元に戻し、保護用コンタクトレンズを装着する。
kerojoy LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)のメリット(利点)
  • 角膜が薄い、近視の度数が高い、目が小さい・・などでレーシツクが出来なかった人にも視力回復手術の可能性が広がる。
  • 機器の使用による眼球吸引がない。
  • 最終的にはフラップが消滅するので、フラップが無くなる心配をしなくて済む。
keroflow LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)のデメリット(問題点)
  • アルコールを使用することに対する長期的なリスクについていまだ不明である。中には反対する眼科医もいる。
  • レーシックと比べて術後の痛みがある。
  • 保護用コンタクトレンズを装用する必要がある。(術後数日間)
  • 術後の管理がレーシックに比べて煩雑。
※下記は2006/03/08時点の情報です。

フレックスPRK(FlexScan PRK)

crossblue フレックスPRK(FlexScan PRK)概要

フレックスPRKとはPRKの一種です。従来行われてきたPRKは、主にT-PRK(transepithelial PRK)と呼ばれるもので、エキシマレーザーをPTKモードで角膜表面に照射して角膜上皮を取り除きます。
その先を行くフレックスPRKではPTKモードでの照射時に角膜上皮の除去を均一化することで、遠視化を軽減するという、より最新のPRKです。


crossred フレックスPRK(FlexScan PRK)手術手順

  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。

  2. エキシマレーザー装置のフレックススキャン照射方式にて角膜上皮を除去します。

  3. 角膜にエキシマレーザーを照射、屈折矯正します。

  4. 保護用コンタクトレンズを装用し、終了。

kerojoy フレックスPRK(FlexScan PRK)のメリット(利点)

  • フラップを作成しないので、激しいスポーツや格闘技をする人にも適応します。

  • ハロ、グレア現象が少ない。

  • 角膜が薄くてレーシックを諦めた人でも、可能である可能性がある。


keroflow フレックスPRK(FlexScan PRK)のデメリット(問題点)
  • 角膜上皮を除去してしまうため、術後の痛みがある。

  • 回復速度がレーシックのように早くない。

  • 角膜の混濁が起こる場合がある。

  • 精度がレーシックよりわずかに劣る。




※下記は2006/03/08時点の情報です。

PRK(ピーアールケー)

crossblue PRK(ピーアールケー)概要

PRK(ピーアールケー)【Photorefractive Keratectomy】とは、レーシックよりも歴史がある視力回復手術です。この術式はレーシックのようにフラップを作らないことが特長で、フラップがずれる危険性がある激しい運動をする人にはオススメです。角膜上皮を除去後、エキシマレーザーを照射して屈折を矯正しますが、その角膜上皮の除去法により術式が数々存在します。通常(一般的)のPRKはメスにより角膜を除去しますがTransepithelial PRKはレーザーで上皮を蒸散させます。この方法はT-PRKと呼ばれることもあり、最近増加の傾向があります。

crossred PRK(ピーアールケー)手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. メスやレーザーによって角膜上皮を除去します。
  3. 角膜にエキシマレーザーを照射、屈折矯正します。
  4. 保護用コンタクトレンズを装用し、終了。
kerojoy PRK(ピーアールケー)メリット
  • フラップを作成しないので、激しいスポーツや格闘技をする人にも適応します。
  • 角膜が薄くてレーシックを諦めた人でも、可能である可能性がある。
  • 歴史があり、安全性の高い手術方式。
keroflow PRK(ピーアールケー)デメリット
  • 角膜上皮を除去してしまうため、術後の痛みがある。
  • 回復速度がレーシックのように早くない。
  • 角膜の混濁が起こる場合がある。
  • 精度がレーシックよりわずかに劣る。
  • T-PRKの場合、術後に遠視化のリスクがある(*)
(*)この遠視化リスクを軽減したPRKが【フレックスPRK】と呼ばれる方法です。

※下記は2006/03/08時点の情報です。

ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)

crossblue ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)概要

ウェーブフロントレーシックとは、眼のわずかなピントのズレを検出し、エキシマレーザーでの矯正精度をより高め、さらに快適な視力の向上が可能になった次世代の視力回復手術とです。このピントのズレを収差といいますが、ウェーブフロントアナライザーを使うことでそれを解析し、そのデータに基づきエキシマレーザーを照射するのです。ウェーブフロントレーシックにより夜間の視力低下を少なくすることができるようです。ウェーブフロントレーシックは「よりシャープにはっきりと見える」、「夜間の見え方の質がよりよい」ことが統計学的に証明されています。現在のところ最高級の照射パターンといえるでしょう。しかし、角膜をレーシックよりも深く削る必要があるため、この手術に適応できる人はさらに少なくなります。ウェーブフロントガイディッドレーシック(Wavefront-guided Lasik)、ウェーブフロントオプティマイズドレーシック(Wavefront-optimized Lasik)と2つのウェーブフロントが存在します。

crossred ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)手術手順
  1. 個人の詳細データ、収差をウェーブフロントアナライザーにて解析する。
  2. 得た結果に基づき、どのようにレーザーを照射するのかを決め、さらにプレビューレンズによる見え方検証をする。
  3. 見え方をシュミレーション後、結果に基づき矯正手術をすすめて行きます。
kerojoy ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)メリット
  • 個人個人の目の詳細データを考慮するので、より正確で高い精度の視力を得ることが出来ます。
  • これまでエキシマレーザーで矯正が難しいといわれていた不正乱視にも効果があります。
  • ビューレンズにより術後の見え方をあらかじめ確認できます。
keroflow ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)デメリット
  • レーシックよりも費用・時間がかかる。
  • 詳細のデータを取っても手術中に目が動いたり、のちのち角膜が再生してしまうため結局思ったほど効果がでないという見解もある。
※下記は2006/03/07時点の情報です。

イントラレーシック(Intra LASIK)とは

crossblue イントラレーシック(Intra LASIK)概要

イントラレーシック(Intra LASIK)とは、レーシックの一種であり、フラップをマイクロケラトームではなく、医療用レーザー、『イントラレースレーザー』により作成します。フラップの厚みなど、詳細に設定が可能になったため、より精度の高い手術が出来るようになりました。
その反面、あまりにもコンピューターに頼りすぎることに疑問を抱く声も聞かれます。さらに、フラップの厚みを調整できることから、角膜の薄い人でも受けられるというふれこみもありますが、フラップが薄いということはおのずとトラブルの原因になる可能性も増えるということを認識する必要があります。

crossred イントラレーシック(Intra LASIK)手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. イントラレースFS(FemtoSecond)レーザーにより角膜表面にフラップ作成。
  3. フラップ(フタのような状態になってます)をめくり上げ、エキシマレーザーを照射。
  4. 目の洗浄・消毒
  5. フラップを元の位地にもどす。
kerojoy イントラレーシック(Intra LASIK)メリット
  • 極端に急峻または平坦な形の角膜を持っているためにレーシックできなかった人にも出来る可能性が増えました。(適応範囲拡大)
  • 角膜に器具が接触することがない。
  • フラップの厚み・向き・ヒンジなど詳細に設定できるので、正確なフラップ作成が可能なことから、精度の高い矯正ができる。
  • より高い回復率。
keroflow イントラレーシック(Intra LASIK)デメリット
  • ・レーシックよりもフラップ(フタ)が張り付く力は強いといわれているが、フタがあることには代わりがないので稀だがトラブルになることも。
  • 手術費用が一般的に割高で、レーシックより安く価格を設定しているクリニックも出てきたとはいえ、一般的に手術費が割高。
  • 実施眼科が少ない。←現在は一番よく行われてます(2009.11)
※下記は2006/03/07時点の情報です。

レーシック(LASIK)とは

crossblue レーシック概要

レーシック(LASIK)は、角膜に高精度の医療用レーザーを照射し、視力を取り戻すことができる、比較的新しい視力回復手術です。近視・遠視・乱視は角膜や水晶体の屈折異常が原因で起こるのですが、その屈折を矯正することによって視力を回復させようというものです。レーシックの特長はフラップというものを作成し、レーザー照射後に再度そのフラップをかぶせ、もとの状態にすることです。このフラップのおかげで、レーザーをあてた表層部がむき出しになることがないのです。
そのため、手術後の早い回復が見込めるようになりました。

crossred レーシック手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. マイクロケラトームにより角膜表面にフラップ作成。
  3. フラップ(フタのような状態になってます)をめくり上げ、エキシマレーザーを照射。
  4. 目の洗浄・消毒
  5. フラップを元の位地にもどす。
kerojoy レーシックメリット
  • 手術の間、後の痛みが殆どない。
  • 手術時間が短い。実質20分くらい
  • 入院をする必要がないので、1日でおわる。
  • 手術そのものは比較的安全なもの。
  • 手術後すぐに視力回復を実感できる。
keroflow レーシックデメリット
  • 浅い歴史のため、予後についての長期的な情報がないため、将来的にどんな状態になるのか未だはっきりしていない。。
  • 一見高価である。(自由診療である)
  • 充分な角膜の厚みが必要である・・など全員が受けられる手術ではない。