※下記は2006/03/08時点の情報です。

ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)

crossblue ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)概要

ウェーブフロントレーシックとは、眼のわずかなピントのズレを検出し、エキシマレーザーでの矯正精度をより高め、さらに快適な視力の向上が可能になった次世代の視力回復手術とです。このピントのズレを収差といいますが、ウェーブフロントアナライザーを使うことでそれを解析し、そのデータに基づきエキシマレーザーを照射するのです。ウェーブフロントレーシックにより夜間の視力低下を少なくすることができるようです。ウェーブフロントレーシックは「よりシャープにはっきりと見える」、「夜間の見え方の質がよりよい」ことが統計学的に証明されています。現在のところ最高級の照射パターンといえるでしょう。しかし、角膜をレーシックよりも深く削る必要があるため、この手術に適応できる人はさらに少なくなります。ウェーブフロントガイディッドレーシック(Wavefront-guided Lasik)、ウェーブフロントオプティマイズドレーシック(Wavefront-optimized Lasik)と2つのウェーブフロントが存在します。

crossred ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)手術手順
  1. 個人の詳細データ、収差をウェーブフロントアナライザーにて解析する。
  2. 得た結果に基づき、どのようにレーザーを照射するのかを決め、さらにプレビューレンズによる見え方検証をする。
  3. 見え方をシュミレーション後、結果に基づき矯正手術をすすめて行きます。
kerojoy ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)メリット
  • 個人個人の目の詳細データを考慮するので、より正確で高い精度の視力を得ることが出来ます。
  • これまでエキシマレーザーで矯正が難しいといわれていた不正乱視にも効果があります。
  • ビューレンズにより術後の見え方をあらかじめ確認できます。
keroflow ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)デメリット
  • レーシックよりも費用・時間がかかる。
  • 詳細のデータを取っても手術中に目が動いたり、のちのち角膜が再生してしまうため結局思ったほど効果がでないという見解もある。
品川近視クリニック 品川近視クリニックの老眼治療 品川近視クリニックの体験談がたくさん 神戸神奈川アイクリニック 神戸神奈川アイクリニック無料適応検査申込み 神戸神奈川アイクリニックの説明会申込み 神戸神奈川アイクリニックの体験談 新宿近視クリニック 新宿近視クリニックの老眼治療 新宿近視クリニックの説明会 新宿近視クリニックのオルソケラトロジー


 (視快研に行けない方: 『 アイトレーニング視快研 筑紫通り店 』 を 運営されていた 出口 隆 ( でぐち たかし )さんがプログラムを公開しています)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)


 (近年どこも回復センターの閉鎖が進んでるけど、キットもでてるし購入して家でやる流れなのか...自己管理できるなら、通う手間が省ける点は◎だな。ちゃんとサポートもあるみたいだし。)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)