※下記は2006/03/08時点の情報です。

PRK(ピーアールケー)

crossblue PRK(ピーアールケー)概要

PRK(ピーアールケー)【Photorefractive Keratectomy】とは、レーシックよりも歴史がある視力回復手術です。この術式はレーシックのようにフラップを作らないことが特長で、フラップがずれる危険性がある激しい運動をする人にはオススメです。角膜上皮を除去後、エキシマレーザーを照射して屈折を矯正しますが、その角膜上皮の除去法により術式が数々存在します。通常(一般的)のPRKはメスにより角膜を除去しますがTransepithelial PRKはレーザーで上皮を蒸散させます。この方法はT-PRKと呼ばれることもあり、最近増加の傾向があります。

crossred PRK(ピーアールケー)手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. メスやレーザーによって角膜上皮を除去します。
  3. 角膜にエキシマレーザーを照射、屈折矯正します。
  4. 保護用コンタクトレンズを装用し、終了。
kerojoy PRK(ピーアールケー)メリット
  • フラップを作成しないので、激しいスポーツや格闘技をする人にも適応します。
  • 角膜が薄くてレーシックを諦めた人でも、可能である可能性がある。
  • 歴史があり、安全性の高い手術方式。
keroflow PRK(ピーアールケー)デメリット
  • 角膜上皮を除去してしまうため、術後の痛みがある。
  • 回復速度がレーシックのように早くない。
  • 角膜の混濁が起こる場合がある。
  • 精度がレーシックよりわずかに劣る。
  • T-PRKの場合、術後に遠視化のリスクがある(*)
(*)この遠視化リスクを軽減したPRKが【フレックスPRK】と呼ばれる方法です。

品川近視クリニック 品川近視クリニックの老眼治療 品川近視クリニックの体験談がたくさん 神戸神奈川アイクリニック 神戸神奈川アイクリニック無料適応検査申込み 神戸神奈川アイクリニックの説明会申込み 神戸神奈川アイクリニックの体験談 新宿近視クリニック 新宿近視クリニックの老眼治療 新宿近視クリニックの説明会 新宿近視クリニックのオルソケラトロジー


 (視快研に行けない方: 『 アイトレーニング視快研 筑紫通り店 』 を 運営されていた 出口 隆 ( でぐち たかし )さんがプログラムを公開しています)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)


 (近年どこも回復センターの閉鎖が進んでるけど、キットもでてるし購入して家でやる流れなのか...自己管理できるなら、通う手間が省ける点は◎だな。ちゃんとサポートもあるみたいだし。)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)