※下記は2006/03/08時点の情報です。

LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)

crossblue LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)【Laser epithelial Keratomileusis】概要

LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)は、レーシックよりも新しい、最新の視力回復手術で、さらにフラップを薄く作成します。 このことにより、角膜の薄い人や近視の度数が強い人にも適応することが可能です。LASEKはごく薄い角膜上皮フラップを作成するときに、アルコールによって角膜表面をふやかすため、より高度な技量を持った医師が求められるでしょう。LASEKはフラップ自体の回復力が高いので、激しいスポーツをする人や格闘家に向いている手術ともいえます。

crossred LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. 角膜をマーキングし、アルコールでふやかして剥離しやすいようにする。
  3. 角膜上皮をめくり、角膜層にエキシマレーザーを照射。
  4. 消毒後、マーキングを頼りにフラップを元に戻し、保護用コンタクトレンズを装着する。
kerojoy LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)のメリット(利点)
  • 角膜が薄い、近視の度数が高い、目が小さい・・などでレーシツクが出来なかった人にも視力回復手術の可能性が広がる。
  • 機器の使用による眼球吸引がない。
  • 最終的にはフラップが消滅するので、フラップが無くなる心配をしなくて済む。
keroflow LASEK(ラセック、ラゼック、レーゼック)のデメリット(問題点)
  • アルコールを使用することに対する長期的なリスクについていまだ不明である。中には反対する眼科医もいる。
  • レーシックと比べて術後の痛みがある。
  • 保護用コンタクトレンズを装用する必要がある。(術後数日間)
  • 術後の管理がレーシックに比べて煩雑。
品川近視クリニック 品川近視クリニックの老眼治療 品川近視クリニックの体験談がたくさん 神戸神奈川アイクリニック 神戸神奈川アイクリニック無料適応検査申込み 神戸神奈川アイクリニックの説明会申込み 神戸神奈川アイクリニックの体験談 新宿近視クリニック 新宿近視クリニックの老眼治療 新宿近視クリニックの説明会 新宿近視クリニックのオルソケラトロジー


 (視快研に行けない方: 『 アイトレーニング視快研 筑紫通り店 』 を 運営されていた 出口 隆 ( でぐち たかし )さんがプログラムを公開しています)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)


 (近年どこも回復センターの閉鎖が進んでるけど、キットもでてるし購入して家でやる流れなのか...自己管理できるなら、通う手間が省ける点は◎だな。ちゃんとサポートもあるみたいだし。)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)