※下記は2006/03/08時点の情報です。

エピレーシック(epi-LASIK)

crossblue エピレーシック【epi-LASIK】概要

エピレーシック(Epi-LASIK)の手術方法はレーシックと似ていますが、フラップを作成するのがエピケラトームという器具になります。角膜上皮のみの薄いフラップを作るので、レーシックより回復力が高く、激しいスポーツをする人に適しています。エピレーシックは作成するフラップが薄い分、残せる角膜の厚みが大きいので、角膜が薄い人、強度の近視の人にも適用できる可能性が高くなります。フラップは薄いのですが、LASEK(ラセック)のようにアルコールを使用しないので、それに関る将来的な不安を抱えることもありません。

crossred エピレーシック【epi-LASIK】手術手順
  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。
  2. 角膜にマーキングをして、エピケラトームという機器でより薄いフラップを作成する。
  3. フラップをめくり上げ、エキシマレーザーを照射し、角膜の形を変える。
  4. 洗浄、消毒後マーキングした位置にフラップを戻す。
kerojoy エピレーシック【epi-LASIK】のメリット(利点)
  • 角膜の薄い人・強度の近視の人等も受けることが出来る可能性が高い。
  • LASEKと同様に薄いフラップを作成するが、作成自体機械に頼るのでLASEK程高い技術を必要としない。
  • アルコールによる目への悪影響のリスクがない。
  • 角膜上皮部分のフラップなので、再生スピードも早く、激しい運動をする人にも向いている。
keroflow エピレーシック【epi-LASIK】のデメリット(問題点)
  • レーシックより痛みがあり、術後はどちらかというとLASEKやPRKと似ている。
  • 実施眼科がまだわずか。
  • 術後の管理がレーシックに比べて煩雑。
  • 歴史が浅いので長期的なリスクの情報がない。
品川近視クリニック 品川近視クリニックの老眼治療 品川近視クリニックの体験談がたくさん 神戸神奈川アイクリニック 神戸神奈川アイクリニック無料適応検査申込み 神戸神奈川アイクリニックの説明会申込み 神戸神奈川アイクリニックの体験談 新宿近視クリニック 新宿近視クリニックの老眼治療 新宿近視クリニックの説明会 新宿近視クリニックのオルソケラトロジー


 (視快研に行けない方: 『 アイトレーニング視快研 筑紫通り店 』 を 運営されていた 出口 隆 ( でぐち たかし )さんがプログラムを公開しています)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)


 (近年どこも回復センターの閉鎖が進んでるけど、キットもでてるし購入して家でやる流れなのか...自己管理できるなら、通う手間が省ける点は◎だな。ちゃんとサポートもあるみたいだし。)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)