※下記は2009/10/19時点の情報です。

レーシック訴訟で初審理 銀座眼科の元院長、溝口朝雄氏は争う構え

 東京・銀座にあった銀座眼科(閉鎖)による近視矯正のレーシック手術で感染症になったとして、8都県の患者50人が溝口朝雄元院長などに計約1億3300万円の損害賠償を求めた集団訴訟で、うち13人分の第1回口頭弁論が19日、東京地裁(高橋譲裁判長)で開かれ、元院長側は請求棄却を求めた。

 原告側の意見陳述では、ベビーカーに子どもを乗せて法廷を訪れた加藤清香さん(28)が「生まれてくる子どもをしっかり見たいと思って手術を受けただけなのに。元院長にはこの目の痛み、苦しみを理解し人生を改めてほしい」と主張。

 別の20代の女性原告も「目の治療のために学校を留年し、就職の内定も辞退せざるを得なくなった。元院長は真実を話し、誠意ある対応をしてほしい」と求めた。

 患者50人は4グループに分かれ地裁に提訴しており、一連の訴訟で初めての審理。ほかの3グループも今後、順次審理が始まる見通し。

 訴状などによると、元院長は2006年8月に銀座眼科を開設。ずさんな診察や不衛生な環境での手術で、細菌感染による角膜炎などを患者に発症させた、としている。

 一部の原告らは傷害容疑で元院長を告訴・告発し、警視庁が今年8月に自宅を家宅捜索するなどして捜査を始めている。

2009/10/19 【共同通信】より


>元院長側は請求棄却を求めた。
エェ! 棄却て・・・
争うのですよね。

法律問題、裁判の仕組みには明るくないので詳しくは述べられませんが、請求は到底受入れられないという構えであることは分かりました。

非は認めるが約1億3300万円は高すぎるということなのか、非そのものを認めないのか・・・

品川近視クリニック 品川近視クリニックの老眼治療 品川近視クリニックの体験談がたくさん 神戸神奈川アイクリニック 神戸神奈川アイクリニック無料適応検査申込み 神戸神奈川アイクリニックの説明会申込み 神戸神奈川アイクリニックの体験談 新宿近視クリニック 新宿近視クリニックの老眼治療 新宿近視クリニックの説明会 新宿近視クリニックのオルソケラトロジー


 (視快研に行けない方: 『 アイトレーニング視快研 筑紫通り店 』 を 運営されていた 出口 隆 ( でぐち たかし )さんがプログラムを公開しています)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)


 (近年どこも回復センターの閉鎖が進んでるけど、キットもでてるし購入して家でやる流れなのか...自己管理できるなら、通う手間が省ける点は◎だな。ちゃんとサポートもあるみたいだし。)
■自宅で視力回復トレーニング■


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)