※下記は--/--/--時点の情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※下記は2011/08/11時点の情報です。

「レーシックをやっておけばよかった」と後悔する被災者

数多くの防災マニュアル本があるけれど、想定外の巨大地震に対しては役に立たないことも少なくない。また、もしもの時のためにある防災グッズも、必ずしも役立つわけでもないという。

たとえば、防災グッズには必ずといっていいほどはいっている乾パン。被災地では乾パンで空腹を満たした人もいるが、こんな意見も。

「乾パンは硬いしパサパサで、食べ慣れないから、水がないとなかなか喉を通らなくて……。その水が不足しているので苦労しました。カロリーメイトやレトルトのおかゆがあればよかった」(40代・宮城・仙台市・女性)

また、視力の弱い人にとっては、メガネやコンタクトレンズの問題も大きい。「逃げている途中でメガネが壊れてしまった」(50代・南三陸町・男性)や「コンタクトの替えがなくて困った」(30代・仙台市・女性)という声も少なくない。

しかしながら、被災直後は新しいメガネやコンタクトを入手するのも難しく、「保存液がなくコンタクトのケアができないので、被災直後はレーシックをやっておけばよかったなと後悔しました」(40代・気仙沼市・女性)との意見も。

yahooニュースより

レーシックをするメリットとして、<震災時>に逃げやすいというのはよく目にしますが、むしろ逃げのびた後の生活時のほうがそのメリットが大きいということが露呈された記事。

品川近視クリニック 品川近視クリニックの老眼治療 品川近視クリニックの体験談がたくさん 神戸神奈川アイクリニック 神戸神奈川アイクリニック無料適応検査申込み 神戸神奈川アイクリニックの説明会申込み 神戸神奈川アイクリニックの体験談 新宿近視クリニック 新宿近視クリニックの老眼治療 新宿近視クリニックの説明会 新宿近視クリニックのオルソケラトロジー


 (視快研に行けない方: アイ・トレーニング視快研小牧 主任インストラクター 田中謹也さんがプログラムを公開しています)
■自宅で視力回復トレーニング■


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~


 (近年どこも回復センターの閉鎖が進んでるけど、キットもでてるし購入して家でやる流れなのか...自己管理できるなら、通う手間が省ける点は◎だな。ちゃんとサポートもあるみたいだし。)
■自宅で視力回復トレーニング■


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。